団らんを究める日々

この世に足りないのは「団らん」だと思う。本物の団らんとは何かを追い求めるブログ。

一日中夫婦で対話して気づいたこと

相手の悩み苦しみを

そうだねそうだねーって
全肯定するのが正解だと思っていた。

 

だから
妻にも全肯定をやってきた。
ウツ状態だった時は特に。

 

それで妻は元気になって
自分自身の本音に気づけるようになった。


SNSで自分を発信するようになり
どんどん変わっていった。

 

そんな妻を尻目に
ボクは一人取り残されたような気持ちだった。 

 

俺の悩み苦しみも
そうだねそうだねーって
全肯定してほしい。

 

そんな寂しさが募っていった。

 

でも... 

 

なんでこんなに寂しがる必要がある?
妻が元気になって良かったやん。
この満たされない思いは何?
って自分に問いかけた。

 

そしたら

 

母にもおんなじ寂しさを抱いていたことに気づいた。

 

母の悩み苦しみを口を挟まずにただ聞いて
大変だね大変だねって全肯定していた子どもの頃。

 

本当はボクの悩み苦しみも聞いてよって。
なんでもそうだねそうだねって
まるごと受け止めてよって、本当は思ってたんだな。

 

でも母を助けることに集中していたから
当時はそんな自分の気持ちにも気づけなかった。

 

親で気づけなかったから
パートナーで気づかせてもらったんだな。 

 

そのことに気づけただけで
なんかスッキリした。

 

全肯定するだけが正解ではない。


全否定したり、ぶつかったりすることも大事。

 

むしろその方が自然なコミュニケーション。

 

夫婦はもちろん親子といえども
育ってきた環境が違うものどうし。 

 

意見が違って当たり前。
価値観や感性が違って当たり前。

 

だから全肯定する必要はない。

 

今ではそう思える。

 

いやー
一日中夫婦で対話してると
いろんな気づきがあるなー。

 

だから人はパートナーを求めるのかもね。

 

自分一人でウンウン考えるより
相手に見せてもらった方が
自分の本当の気持ちに気づけるのが早いから。

 

あぁ、ありがたや^_^

 

f:id:jiyujinyujinojiyu:20161213223902j:image

 

あなたがパートナーに本音をすぐに言えない理由

カッコつけてるから。

 

なぜカッコつけてしまうのか?

 

それは母親の呪い(母親から繰り返し言われた言葉、態度)にかかっているのかもしれない。 

 

ボクら夫婦は
「本音を思った瞬間に言うこと=本音即出し」
が基本ルール。

 

今までの夫婦ゲンカの原因の根本は
本音即出しが出来ず
本音”後出し”だったことが殆どだったから。

 

だからこの基本ルールが確立されてきた。

 

今となっては
このルールはボクのためにあって。

ていうのは、妻はすでに意識せずとも本音即出しが100%できる。

 

一方ボクは
懲りずに本音後出しを繰り返してしまう。 

 

タイミング見計らっちゃうんですよ笑
顔色とか体調とか会話の流れとか気にして。

 

見計らって上手くいった試しは一度もないのに笑

 

何でだろう?
何で即出しできないんだろう?

 

今度こそは今度こそは
って思うんだけどできなくて。

 

で、前回のケンカの時
母親との問題が解決してないんじゃないかと妻に言われて。

 

ボクはすぐに否定したけど
掘り下げてみたら
確かに解決したんじゃなくて
フタしてただけだったことに気付いた。

 

どんな問題かというと
末っ子長男姉三人のボクは小さい頃から母に
「男らしくあれ」
って言われて育ってきた。

 

だからボクはそのぼんやりとした「男らしさ」という観念に無意識に縛られて大きくなってたんだ。

 

男は余計なことは言わない。
男は我慢しなきゃならない。
男は強くなければならない。 

 

だから「男らしくいなきゃ」っていうのが身体に染みついちゃってなかなかとれない。


反射的に本音隠して取り繕ってカッコつけてしまう。

 

前から「素の自分」を出すのが超苦手で
やっと2年前くらいから自分の本当の気持ちが伝えられるようになったけど 


即出しできない原因は「男らしくあれ」という呪いにあったんだ。

 

前回の夫婦ゲンカでは
その呪いに「気付いた」段階だったんだけど


また本音後出しが原因のケンカを最近してしまって
「気付き」が「確信」に変わった。

 

で、今回その呪いは妻が見事に浄化してくれた。

 

「カッコ悪いところをカッコ良いと思って結婚したんだからカッコつけなくていいんだよ」
と。

 

しびれた。
刺さった。
まさに全受容。
まさに全肯定。

 

ああ、リトルユージはこういう様なことを言ってもらいたかったんだ。


そして
呪いをかけられるのも自分の選択したことであり
”呪いを解かれる喜び”を味わいたかったんだ。

 

そう思ったら、呪いの奥にある母親の愛も肯定できた。 

 

あなたもパートナーに本音即出しができずに
カッコつけちゃって悩んでいるのなら
母親の呪いを疑ってみるのも一つかもしれない。

 

人に会いたくてボクらは旅をする。

旅行の醍醐味って

 

現地の人との素敵な出会いだと思う。

 

先日淡路島にいった際

 

前から気になっていた

 

「ゲストハウス花野」さんにフラッと泊まってみた。

 

ボクらの旅行は大体、当日予約(笑)

 

家族で運営されている古民家風のところ。

 

そこのお子さんがとても人なつっこくて

 

我が家3人と

花を摘んだりプールしたり隠れんぼしたり

 

いっぱい遊んでいっぱい笑った。

 

帰り際はご主人とお話しし

 

共通の知人がいたり

 

子どもへの思いがおんなじだったり

 

目指しているところが似ていて

 

話が弾んだ。

 

話し込みすぎて

 

チェックアウトの時間を

 

大幅に過ぎたのは内緒(笑)

 

そして花野さんが身銭をきって


ボランティアされているイベントが来週あって
(第28回成ヶ島ハマボウ祭り)

 

そのイベントが素敵すぎて

 

迷わず

 

「来週も泊まりに来ます!」

 

とその場で宿泊予約をとった。

 

ボク、いつからこんな直感で動く人間になったんだろう(笑)

 

ついでにオススメの淡路島ランチのお店を聞いて

 

「ビーチハウスpopi」にいったけど

 

またそこが気持ちのいい場所で。

 

ご夫婦の笑顔が素敵で

 

料理も美味しくて

 

子連れに優しくて

 

瀬戸内海を一望。

 

思わず「気持ちいい〜」と連呼してた(笑)

 

ただ気持ちのいいところに行きたい!

 

って強く感じれば

 

そういう現実を作るんだなって思った旅。

 

素敵な出会いに、感謝。

 

f:id:jiyujinyujinojiyu:20160714053718j:image

ボクの師匠はナウシカ。

 

軍国化の進む日本で

これからどう生きるのか?

 

陽気で平和な世界にするために

どういう在り方を選択するのか?

 

まずは

 

社会の最小単位である、家族と調和し

自然と調和し

 

意見の異なる人とも
本音を言い合いながら
調和すること。

 

全ての命を尊重すること。

 

目指すべきは

 

どんな生命も愛することでおなじみ

 

風の谷にお住まいの

 

ナウシカ

 

ナウシカを師匠にして生きていきます!

選挙マツリが終わって

今回の選挙の結果は

違憲状態での選挙や

不正選挙疑惑も含め

この国の現状。

 

公教育やメディア統制などなど

どれだけ戦後の日本が骨抜きにされているか

改めてまざまざと見せつけられた。

 

ボクたちの政治に対する思考停止が

今の日本の現状を生んだ。

 

多少関心を持ったとしても

マスコミ情報を拾うだけでは

スリードされるようになっている。

 

平和な世界に右も左もないのに

見事に右左に分断され争わされていること。

 

支配-被支配の関係に何の疑問も持たない奴隷根性。

 

大人が早く

この愚かさに気づかなければ

子どもたちに申し訳が立たない。

 

この国の未来を想い

 

ボクらの代表として

必死にかけずりまわった

 

三宅洋平さん、山本太郎さんはじめ

 

真の平和主義、真の立憲主義候補者の皆様

 

18日間本当にありがとうございました。

 

これから

国会ウォッチャーとして

国会で起きることを注視していきます。

 

山本太郎を放置プレイしない!

三宅洋平を応援し続ける!

沈黙は罪なり。

夫婦での会話。


自分の本音を言えなくて
ボクは黙っちゃうことが多かった。

 

だから

みーちゃん(妻)に
本音を言っていこう
と気張るんだけど

 

自分の本音は何だろう?


って考え込んで
会話が止まって
また沈黙(笑)

 

結局パッと思いついたことが
本音のはずなんだけど

 

それ以上に無駄に深掘りしようとして
時間稼ぎをして


必死に本音をオブラートに包む表現を
探している自分に気づく。

 

ナゼまだ本音が言えないんだろう?

 

夫婦で会話しながら見えたのは 

 

相手を傷つけたくないし
何よりボクが傷つきたくないって思ってること。

 

でも、みーちゃんは

「ワタシが傷つくことを言われて
実家に帰るってなったとしても
言葉の内容で傷つくのではなく
言葉が出るまでの長い沈黙が
ワタシを傷つけるんだ。」

と言った。

 

今更ながら目から鱗だった。

 

言葉の中身ももちろん大事だけど
ポンポン言い合う。

 

ポンポン言い合えるということは
相手を対等に見ているということ。

 

言い合えないのは

 

相手が傷つくんではないか...
と謎の上から目線になったり

 

自分が傷つくんではないか...
と謎に自分を卑下したり

 

してるっていうことなんだなー。

 

ポンポンしゃべるテンポ
めちゃくちゃ意識したい。

 

反射的な言葉にこそ
本音は宿る。

 

f:id:jiyujinyujinojiyu:20160630214633j:image

パートナーを笑顔にしたかったら。

 
「俺が妻と結婚したのは
妻の笑顔を長い時間見たいから。
今、妻を笑顔にしてあげられてないなら
笑顔にしてあげれてない俺が全て悪い。」

 

所ジョージの名言。
所さん、男の中の男。
さらっと自己否定できるところがカッコイイ。

 

先月位にこの言葉に出会ったけど
ずっと心に残っている。

 

結婚してもうすぐ5年になるけれど
みーちゃん(妻)を笑顔にしてきた自負もあれば
笑顔にできなかった後悔もある。

 

笑顔にできていない時は大抵
原因はみーちゃんにあると
ボクが思っている時。

 

でもボクはいい人ぶって
自分の気持ちをひた隠していた。

 

みーちゃんはボクの本音が知りたくて
何度も問いかけるけど

 

思っていることをいったら傷つくんじゃないか
喧嘩になるんじゃないか
喧嘩になったら面倒だな

 

って口を閉ざしていた。

 

ほんまにアホなことしてたなって思う。

 

夫婦なんだから
コミニュケーションとってなんぼ
なのにね。

 

何度もアホ繰り返して
やっと自分の本音を少しずつ
言えるようになった今思うのは

 

言いたいことガマンするような
自己犠牲は要らないってこと。

 

自己犠牲していたら
所さんのような
自己否定の境地までいけないってこと。

 

夫婦は本来、五分五分。
お互いをさらけ出して対等になると
相手を尊重する気持ちが生まれる。

 

だから喧嘩しても
自分が悪い時はごめんねって
すんなり自己否定できて
素直になれる。

 

するとすぐに笑顔が戻る。

 

もしボクが本音を言わなければ
みーちゃんの顔は曇る。

 

ずっと笑顔になれない。

 

「笑顔にしてあげる」
ことの要点は
対等に向き合って
コミニュケーションをとるかどうか。

 

ボクはこれからも
みーちゃんの笑顔が見続けたいから
本音を大事にしようと思う。